老舗京醤油処の由来

「都にも住みまされりと思ふばかりなり」

初代 松野新九郎

ここ洛北鷹峯の風光をこよなく愛した本阿弥光悦は、一族および職人たちを連れて移り住み、諸芸術の理想郷をつくったゆかりの地であります。

私ども松野家は、京醤油処の老舗として、光悦寺参道の中程にございます。
文化二年(1805)に初代松野新九郎が創業以来、今なお手造りに徹した醤油づくりを行っております。
贅沢なまでに原料を吟味し、天然の香りと風味を大切に育み松野家秘伝の味を醸し出してございます。

昔づくりの本格の味わいを、どうぞ心ゆくまでご賞味くださいませ。